シラバス
科目名 文化学部入門リレー講義
開講期 春学期 開講学部等 文化学部 配当年次 1年次 単位数 2単位
教員名 井尻 香代子,江尻 雅一,織田 年和,久米 裕子,竹内 茂夫,田中 信雄,矢野 道雄,吉田 眸,吉野 秋二,若松 正志
 ※履修条件,配当年次等の詳細は履修要項をご確認ください。
授業概要/Course outline  
 この授業は、文化学部1年次生として「基本」を身に付けるための科目です。具体的には、京都産業大学文化学部を知り、大学生活の基本を理解し、地域別・分野別の文化学入門講義を通して文化を学ぶために基礎となる知識・視点・方法などを学びます。
授業内容・授業計画/Course description・plan  
 文化学部の専任教員によるリレー講義です。最初に京都産業大学文化学部国際文化学科の紹介からはじめ、学生生活の過ごし方・授業の受け方・レポートの書き方など、大学生活を送るうえで重要なことがらを話し、次に文化学入門講義として、日本・アジア・ヨーロッパ・アメリカという地域別、さらに言語・文学、歴史・生活文化、芸術、宗教・思想・哲学、健康・スポーツ、国際関係など分野別に、それぞれの専門分野の教員がリレー形式で講義を行います。毎回の授業のはじめには、重要事項の伝達なども行います。授業の予定は、およそ次の通りです(担当者の事情により、変更がある場合があります)。
 1.はじめに-京都産業大学文化学部へようこそ!-(矢野・若松) 4/9
 ○ガイダンス  ○京都産業大学・文化学部・国際文化学科について
 ○文化学部のカリキュラムについて
 2.国際文化学科の学生として-語学の勉強・留学のすすめ-(井尻・留学経験学生) 4/16
 3.学生生活の過ごし方・大学での勉強の仕方(学生部職員・若松) 4/23
 (4/30(月)は、休日開講ですが、木曜日の授業が行われます<曜日振替>)
 4.レポートの書き方について(若松) 5/7
 5.続・レポートの書き方について、キャリア教育について(若松) 5/14
 6.日本文化入門(若松) 5/21
 7.アジア文化入門(矢野) 5/28
 8.ヨーロッパ文化入門(吉田) 6/4
 9.アメリカ文化入門(江尻) 6/11
10.言語・文学入門(織田) 6/18
11.歴史・生活文化入門(吉野) 6/25
12.芸術文化入門(竹内) 7/2
13.思想・宗教・哲学入門(久米) 7/9
14.健康・スポーツ文化入門(田中) 7/16<海の日:休日開講>
15.国際関係入門・まとめ(若松) 7/23
準備学習等(事前・事後学習)/Preparation and assignments  
 授業をふまえ、関連事項を調べてみる。そういう習慣をつけてください。
授業の到達目標/Expected outcome  
 文化学部の学生として、基本的な意識・知識・方法などを身に付けること。
 文化学の多様性・おもしろさ・奥の深さを感じること。
身に付く力/Special abilities to be attained  
 月曜1時限の授業にきちんと参加することにより、大学生としての生活習慣・学ぶ姿勢を身に付ける。
 授業参加やレポート作成などにより、問題関心の持ち方、調べる力、考える力、まとめる力などの論理的思考力・発信力を身に付ける。
履修上の注意/Special notes, cautions  
 文化学部の学生として「基本」を身に付けるための準「必修」科目です。月曜1時限の授業ですが、しっかり出席して、集中して聞いてください。また人数が多いので、特に私語は慎んでください。座席指定を予定しています。
評価方法/Evaluation  
 定期試験(60%)・ミニレポート(20%)・平常点(授業の感想など。20%)で評価する予定です。
教 材/Text and materials  
 適宜プリントなどを配付し、参考資料を紹介します。
Copyright (C) 2012 Kyoto Sangyo University. All rights reserved.